Chari Chari / Luna de Lobos EP (12"single)

Seeds And Ground | SAGV036 | JPN | 2021 | M: NEW! | JK: NEW!

A1: Luna de Lobos (Kuniyuki Remix) 10:28


A2: Luna de Lobos (Winter Solstice Version) 2:06


B1: Luna de Lobos (Prophet’s Harmonic Drone Mix) 6:22


B2: Luna de Ritmos 5:33



DJ/プロデューサー 井上薫さん の Chari Chari 名義での12インチシングル盤。去年リリースされたアルバム『We Hear The Last Decades Dreaming』のCDに収録されていた曲のシングルカット。まずはリリースインフォから。

---------------------------------

This is the first in a series of remixes from Chari Chari’s new album “We hear the last decades dreaming” which was the first album in 18 years under the name of Chari Chari, a project by Kaoru Inoue who has been working as a DJ and producer for over 25 years.
“Luna de Lobos”, originally over 10 minutes of deep house journey, is remixed by Kuniyuki - one of Japan’s world-famous creator from Sapporo - that is reminiscent of Jon Hassell’s african session leads us beyond 4th world. The other 3 tracks were reworked by Kaoru Inoue himself.

25年以上に渡りDJ/プロデューサーとして活動を続けているKaoru Inoueによる自主レーベル ”Seeds And Ground” の復活作品となった、Chari Chari名義としては18年ぶりとなるアルバム “We hear the last decades dreaming” からのリミックス・シリーズ第1弾。10分を越えるディープ・ハウス巨編 “Luna de Lobos” を、日本が世界に誇る札幌の至宝=Kuniyukiがリミックス。第四世界音楽の創始者=Jon Hassellのアフリカン・セッションを想起させる、深遠かつ祝祭感に溢れる至極のトラック。他、3トラックをKaoru Inoue本人がリワーク。

---------------------------------

リミックスは我が街札幌のアーティスト Kuniyuki Takahashiさん と 井上薫さんによるセルフリミックス。積もる雪に吸音された静かな世界のような Kuniyukiさん 独特のリバーブ・ワークによる音場の中で、Pat Metheny の Roland GR のようなシンセ(本当に似てる)が激情あらわに飛翔するA1「Luna de Lobos (Kuniyuki Remix)」、冬至ヴァージョンという最高のタイトルA2「Luna de Lobos (Winter Solstice Version)」、叙情的でクリアなギターとシンセ/ディストーションギターのレイヤードが美しいB2「Luna de Lobos (Prophet’s Harmonic Drone Mix)」、グルーヴィすぎない気持ち良すぎるリズムが永遠に続いてほしいA2「B2: Luna de Ritmos」の全4曲収録。聴いていて感じたんですが、基本 Chari Chari 名義での初めて聴いた作品と今の作品が、あまり印象が変わらないんです。バレアリックや欧州フュージョン、ワールドミュージックを経てきた人がドンズバでハマる音だと思うのですが、Chari Chari初期の頃から音的にはこの指向性だったような気がします。第2弾3弾とこのリミックスプロジェクトが続くようですが、ますます時代はこのサウンドに寄せてきそうな予感。本当に楽しみです。限定300枚。複数枚在庫しています。

Sleeve: 新譜
Media: 新譜


型番 SMS-05905
在庫状況 1枚
販売価格
2,060円(税込)
購入数