Kenji Ohmura 大村憲司 / 春がいっぱい

Alfa | ALR-28013 | JPN | 1981 | M: VG+ / VG+ | JK: VG+

A1: Intensive Love Course
A2: Under Heavy Hands And Hammers
A3: Seiko Is Always On Time


A4: Far East Man
A5: Knife Life


B1: 春がいっぱい (Spring Is Nearly Here)


B2: The Defector
B3: Inaudible
B4: Maps
B5: The Prince Of Shaba

YMOワールドツアー時のサポート・ギタリストとしての活動でも知られる音楽家 大村憲司 の81年作。バックはもちろん YMO の3人、坂本龍一/細野晴臣/高橋幸宏、第4のメンバー松武秀樹、矢野顕子などがフルサポート。サウンド的にはドンズバYMO中期のニューウェーヴ/シンセポップ。教授参加のリズムボックス・シンセポップA3「Seiko Is Always On Time」、不穏なムードA5「Knife Life」、まさしく春のたおやかな空気も感じるリゾート感満点B1「春がいっぱい (Spring Is Nearly Here)」、軽快なグルーヴとおおらかなギターの爽やかなシンセポップ(というかポップス)B5「The Prince Of Shaba」など全10曲。テクノポップ特有な軽さ/明るさと、それだけではないシリアスやストレンジな部分がとてもバランスの良い1枚。間違いないですね。

Sleeve: 経年による小さな茶シミ/帯(茶シミ)/ライナー
Media: 良好





型番 SMS-05686
在庫状況 1枚
販売価格
2,600円(税込)
購入数