Javier Lopez De Guerena / Las Cosas Perdidas

Grabaciones Accidentales | 4GA-0392 | SPA | 1990 | M: VG+ / VG+ | JK: VG+

A1: Escenas 1 9:32
A2: Escenas 2 15:20


B1: Escenas 3 6:16


B2: Escenas 4 11:06


B3: Escenas 5 11:28

スペインのビルバオ出身のミュージシャン Javier Lopez De Guerena が監修のもと、モダン・オーケストラ集団 Grupo Circulo が演奏を担当した、現代バレエのための交響曲作品。90年リリース。スペインの先鋭レーベル Grabaciones Accidentales から。バレエダンサーがいて初めて成り立つ作品だとは思うのですが(作品自体は未視聴)どこかスペインらしい抜けのあるメロディと欧州らしい陰影、ゆったりすぎない展開多い流れに、流麗に踊るダンサーが目に見えるようです。不安定な抑揚と美しさの対比にアブストラクトな要素を意識しつつ、今の音楽にありがちな奇をてらい過ぎることもなく、緊張と緩和で構成される全5曲。クラシックすぎず外しすぎず、ゆえに今っぽくないところがとても好感度◎

Sleeve: 薄くシワ/取り出し口にスレ/折れ
Media: 薄くチリパチあり

型番 SMS-05255
在庫状況 1枚
販売価格
2,500円(税込)
購入数