Egberto Gismonti & Academia De Dancas / Sanfona

ECM Records | ECM 1203/04 | GER | 1981 | M: VG+ / VG+ / VG+ / VG+ | JK: VG+ | グリーンラベル | ゲートフォールドジャケット

A1: Maracatu 8:21
A2: 10 Amos 7:26
A3: Frevo 8:08


B1: Loro 5:30


B2: Em Familia 21:15


B2a: Sanfona
B2b: Dança Dos Pés
B2c: Eterna
C1: De Repente 16:06


C2: Vale Do Eco 7:43
D1: Cavaquinho 7:57
D2: 12 De Fevereiro 8:05
D3: Carta De Amor 5:05

現代を生きるブラジル希有のアーティスト Egberto Gismonti の81年リリース作品。パーカッショニスト Nene やサックス奏者 Mauro Senise など個性的なメンバーを擁するグループ Academia De Dancas とのバンド・アンサンブル盤と、自身のギター・ソロ盤の2枚組。エンジニアはバンド・アンサンブルの方は Jan Erik Kongshaug、ギター・ソロの方は Martin Wieland。「ジャンル」という枠を然も無かったかのように越境する強靭な音楽性に、何度聴いても驚くんです。一糸乱れぬ高速のマーチ風アンサンブルが強烈な名曲A3「Frevo」、軽快なフルートが印象的なこちらも名曲B1「Loro」、プログレッシブ変拍子組曲B2「Em Familia」、無数の糸が絡まり合うかのように螺旋するギターソロ長尺曲C1「De Repente」など全10曲。野性/知性/優雅、本来交わることのないイメージがいとも簡単に同居する、今までの聴経験をひっくり返される1枚。まさしく孤高。

スリーブはゲートフォールド、正面左上に小さなシールはがれ痕があります。その他は良好。盤はスレもなく極めて美盤。コンディション良です。

型番 SMS-05036
在庫状況 1枚
販売価格
2,800円(税込)
購入数