Jordi Sabates / Solos De Piano Duets De Jordi Sabates i Santi Arisa

RCA | PL-35163(2) | SPA | 1979 | M: VG+ / VG+ / VG+ / VG+ | JK: VG+

A1: Albada (1) 2:40
A2: Joc Partit 9:43


A3: Doctor Gradus Ad Parnasum (De La Suite Children's Corner) 2:05
A4: No Te'n Vagis Massa De Pressa 3:22
B1: Albada (2) 1:45
B2: Sometime Ago 6:26


B3: London 7 P. M. 1:10
B4: Albada (3) 2:25
C1: Luna De Cristal 3:23


C2: Les Hores Retrobades 10:15
C3: "Altes Ones" 1:47
D1: "A La Fontana Del Verger" 1:11
D2: "Si Vols Que Et Deixi D'Aimar" 2:00
D3: Sonata N.° 118 De Scarlatti 4:57
D4: "Amor, No Vul Anar-me'n Nord Enllà" 1:58
D5: Cançó N.° 6 2:06
D6: Variacions Sobre Un Tema De Jelly Roll Morton "Mamies Blues" 3:20

カタルーニャ独立に揺れるスペインはバルセロナ出身の鍵盤奏者/コンポーザー Jordi Sabates が、ジャズロック・フュージョンバンド Fusioon、Pegasusなどで活躍する打楽器奏者 Santi Arisa と制作した1枚。79年リリース。地中海のエッセンスを多分に含む繊細でエモーショナルな鍵盤が、本当にスペインの人なの?と思えてしまうほど日本人にジャストな叙情性を匂わせるジャズロック/コンテンポラリージャズ。流麗で感情露なピアノソロから一転ドラムが入りジャズロックへと展開するA2「Joc Partit」、Chick Coreaの引っかかるような名カヴァーB2「Sometime Ago」、エンジェリックで牧歌的なC1「Luna De Cristal」、クラシカルなはずなのにどこかまどろむようにウェットなメロディのスカルラッティのカヴァーD3「Sonata N.° 118 De Scarlatti」などヴォリュームたっぷり17曲2枚組。清楚で気品漂いながらもブルースがあります。

型番 SMS-04562
購入数
売り切れ