Moondog / Moondog

Columbia Masterworks | MS7335 | US | 1969 | M: NM / NM | JK: VG+ | ゲートフォールド

A1: Theme 2:35


A2: Stamping Ground 2:36
A3: Symphonique #3 (Ode To Venus) 5:51


A4: Symphonique #6 (Good For Goodie) 2:45
B1: Mini-Sym #1 5:45
B1a: I - Allegro
B1b: II - Andante Adagio
B1c: II - Vivace
B2: Lament I, "Bird's Lament" 1:42


B3: Witch Of Endor 6:29


B3a: I - Dance
B3b: II - Trio
B3b1: A. Adagio (The Prophesy)
B3b2: B. Andante (The Battle)
B3b3: C. Agitato (Soul's Death)
B3c: III - Dance (Reprise)
B4: Symphonique #1 (Portrait Of A Monarch) 2:36


カンザス州出身、NYに移住し顎髭/長髪/バイキングの格好(!)で自作の詩を売ったり自作楽器を弾いて生計を立てた「NY6番街のバイキング」として知られる Louis Thomas Hardin、またの名を Moondog の69年作。こんな説明じゃ全然足りませんね(笑)

幼少の頃に染み込んだアラパホ族の伝統的なリズム、ジャズ/クラシック/欧州古典音楽などが壮大なオーケストラと融合された、ジャンルとして名前が確立する前のさまざまな試行錯誤的楽曲群。ハウスミュージック好きな方には Mr.Scruff の「Get The Move On」の元ネタB2「 Lament I, "Bird's Lament"」で、あの忘れられないフレーズを聴いたことがあるはず。

牧歌的で人懐こい部分もありつつ映画音楽にも近いストーリーテリングが、前衛と大衆の架け橋的役割を担った不思議系。「純粋無垢」というか、これが自分にとっての「音楽」だったのでしょうね。作品自体が彼の生き様。最大の無言実行。歴史だけが証明しています。

US同年後発盤、盤質良好。輸入時の Columbia レーベル隠しのシールが、そのままセンターラベルに残っています(果敢にも剥がそうとして少し破られている箇所ありますが、諦めたようです笑)。


Sleeve: スレ/クスミ/縁などにスレによる色剥げ箇所あり
Media: 良好/センターラベルにレーベル隠しのシールあり
Include : ---




型番 SMS-06102
定価 5,557円(税込)
在庫状況 1枚
販売価格
7,800円(税込)
購入数