Krakatau / Volition

ECM Records | ECM 1466 | GER | 1992 | M: VG+ / VG+ | JK: VG+ | グレー・ラベル | 静寂部に若干のチリパチ

A1: Brujo 7:38


A2: Volition 9:26
A3: Nai 6:03


A4: Bullroarer 2:16
B1: Changgo 4:22


B2: Little Big Horn 8:41
B3: Dalens Ande 6:21

フィンランドの異端ギタリスト Raoul Bjorkenheim 率いるグループ Krakatau の92年リリースの作品。Rainbow Studio デジタル録音、エンジニアは ECM サウンドの要 Jan Erik Kongshaug。激情を秘めたギターサウンド(怒り?)とECMらしい奥行き感、ドラムによる土着感、そしてそれら異文化の折衷によって生まれる混沌のフリー・インプロヴィゼーション・サウンド。不穏なリズムと漂うギターによる異空間A1「Brujo」、神経を逆なでるようなギターが夜感のあるサックスに絡むA3「Nai」、奇怪なギターの未来派トライバリズムB1「Changgo」、怒涛の演奏に隠れたワントーンのサックスがかなり不気味なB2「Little Big Horn」など全7曲収録。もちろん演奏/楽曲のアヴェレージの高さもさることながら、ここまでの混沌を理路整然とレイヤー化した Jan Erik Kongshaug の録音力が半端ない。ECM異端作。


型番 SMS-04601
販売価格
3,800円(税込)
購入数