James Newton / Axum

ECM Records | ECM 1214 | GER | 1982 | M: VG+ / VG | JK: VG+ | グリーンラベル | ジャケット汚れあり(写真参照)

A1: The Dabtara 3:24
A2: Mälak ´Uqabe 6:53
A3: Solomon, Chief Of Wise Men 4:44
A4: Addis Ababa 3:24
A5: Choir 4:32


B1: Feeling 2:35
B2: Axum 4:18


B3: Susenyos And Werzelya 5:21
B4: The Neser 8:00



USジャズ・フルート奏者 James Newton の82年リリースの作品。エンジニアはMartin Wieland。クラシカルだったりエクスペリメンタルだったり、作品毎に幅広い音楽性を持った演奏を聴かせるアーティストですが、この作品ではまさしくECMらしいクリアで深淵な音像の中を、1人多重録音の楽曲なども交えつつ空間的で深い精神性を伴う霊性高いフルートの音色をじっくりと聴かせてくれる1枚。天上にまで伸びていくかのようなフルートの音色が素晴らしいA2「Mälak ´Uqabe」、Beastie Boys がサンプルで使用して裁判沙汰にもなったA5「Choir」、フィードバックによるノイジーな声やフルートの音色が幾重にも重なって、とてつもなく深い異次元音像を創り出すB2「Axum」、何かがのりうつったかのようなアヴァンなスタッカートなどのインプロB3「Susenyos And Werzelya」、現代音楽のようなミニマルなフレーズの中で自由に泳ぐアルト音階のフルートがミステリアスなB4「The Neser」など完全フルート・ソロ全9曲。癒しとはまったく別の静けさと、エチオピアの首都「Axum」をタイトルとした意図通りの神話性、そしてECM独特の空間性がドンズバにハマった良作。

型番 SMS-04600
在庫状況 1枚
販売価格
2,400円(税込)
購入数