Mark Goldenberg / L'Homme A Valise 鞄を持った男

Kitty Records | 28MS0069 | JPN | 1985 | M: VG+ / VG+ | JK: VG | 帯付き(変色あり) | ライナーノーツ完備

A1: L'Homme À Valise


A2: La Ventana
A3: The Wind In Your Hair
A4: Castways
A5: Blue Kiss
A6: Coração


B1: Orpheus, No
B2: In The Phantom Empire
B3: Return Trip Tango


B4: Little Sheba
B5: Queen Of Swords
B6: Xango

各家の茶タンスに飾られていた率の高いウイスキー、サントリーロイヤル。80年代にTVで流れていたその奇妙なCMを覚えている人も多いんじゃないでしょうか。そのバックで流れていた音楽を制作していたのがこのギタリスト Mark Goldenberg。Jackson Brown のバックや加藤和彦のアルバムにも参加していて、この作品は日本で制作されたキャリア初のソロ・インスト・アルバム。85年リリース。とにかくすべてのパートを一人でこなした1枚。歯切れ良い80'sサウンドと一瞬だけ奇妙にねじれるメロディが白昼夢のようなシンセポップ/フュージョン。跳ねるような気持ちの良いグルーヴと和なメロディのタイトルトラックA1「L'Homme À Valise」、どこか地中海的なサウンドA5「Blue Kiss」、ナイロン弦が優しくも奇妙なフレーズを奏でるA6「Coração」、変な夢に誘われそうなタンゴB3「Return Trip Tango」など全12曲。普通なのに変。これが「明らかに変」というものよりも数倍難しい。多分、変な人です笑


型番 SMS-04592
在庫状況 1枚
販売価格
2,400円(税込)
購入数