Jan Garbarek / Legend Of The Seven Dreams

ECM Records | ECM 1381 | GER | 1988 | M: VG+ / VG+ | JK: VG+ | グレーラベル

A1: He Comes From The North 13:34


A2: Aichuri, The Song Man 5:03
A3: Tongue Of Secrets 8:07


B1: Brother Wind 8:03


B2: It's Name Is Secret Road 1:43
B3: Send Word 7:12
B4: Voy Cantado 6:48
B5: Mirror Stone 3:43

ECMを代表するサックス奏者 Jan Garbarek の88年リリースの作品。メンバーは Eberhard Weber、Nana Vasconcelos、Rainer Brüninghaus との4人編成、ミックスは ECMサウンドの重要人物 Jan Erik Kongshaug。ヒステリックな刺さり込む音というよりも牧歌的で暖かいメロディへ。確かにクールで理知的なECMサウンドではあるのですが、後年にもみられる Jan Garbarek の民族色の濃いメロディがこの作品では目立ちます。グルーヴィなビリンバウとシェイカーがダンサブルなA1「He Comes From The North」、どこまでも深淵なサウンドA3「Tongue Of Secrets」、透明感あふれるシンセと冬の空に舞い上がるように伸びやかで叙情的なサックスのB1「Brother Wind」など全8曲。ポイントはやはり Nana Vasconcelos。この人が入るだけで一気にECMサウンド。「個」を確立していながらも誰にでも合わせることの出来るアーティストは、やはり際立ちます。

型番 SMS-04481
購入数
売り切れ