Adelhard Roidinger / Schattseite

ECM Records | ECM 1221 | GER | 1982 | M: VG+ / VG+ | JK: VG+

A1: Fü Pfü 9:17
A2: Lufti 4:22


A3: Loveland 9:18


B1: Stress 7:25


B2: Ania 4:05


B3: When Earth Becomes Desert 9:52

オーストリアのダブル・ベース奏者 Adelhard Roidinger の82年リリースの作品。メンバーは Harry Pepl、Bob Degen、Heinz Sauer、Werner Pirchner、Michael DiPasqua、Aina Kemanis というECMの中でもかなりクセの強いメンツ。エンジニアは Martin Wieland。たしかにECMらしい世界観ではあるのですが、やはり湧き出す個性を抑えられないメンツが集まっただけあり、コンテンポラリーでモーダルなジャズながらもミニマルな要素や現代音楽の空気感も兼ね備えた不思議な1枚。オーヴァーダブによるベースの2重奏 A2「Lufti」、清涼感のあるピアノと女性ヴォイシングのミニマルなリフから始まり、徐々に高みに上ってく美しいA3「Loveland」、不穏なフィードバック音から螺旋状に上っていく天上音楽 B1「Stress」、サイケデリックな女性ヴォイスがヒステリックに響き渡るB2「Ania」など全6曲。Adelhard Roidinger のクレバーなベースももちろんですが、Werner Pirchner と Harry Pepl のよじれ感、そして何といっても Aina Kemanis のヴォイシングにしびれます。ECM異色作。素晴らしい。

型番 SMS-04312
販売価格
4,800円(税込)
購入数