Quiet Force / Smile

Innovative Communication | IC 80.085 | GER | 1989 | M: VG+ / VG+ | JK: VG+

A1: Voice Of Music 4:33
A2: Dark Moments 4:25


A3: Unhappily Married 3:45
A4: High Noon (5:02)
A4a: Western Intro 1:34
A4b: Main Theme 3:28
A5: Flying High 4:25
B1: Sometimes 5:06
B2: Pieces Of Time 4:57


B3: Child's Play 4:43
B4: Please Don't Dance 2:44
B5: Man At The Bus Stop 4:12

SoftwareやDagobert Bohm、G.E.N.E.などニューエイジ系のアーティストの作品でも活躍する鍵盤奏者/プロデューサー Steven Toeteberg 率いるグループ Quiet Force の89年リリースの作品。元々はKlaus Schulzeのレーベルでしたが83年に離れてからはMark Sakautzkがディレクターを担当、この頃は初期のプログレ色の強い頃よりもよりソフティケイテドされ、ニューエイジ/アンビエント色の強いプロダクションとなっています。もちろんこの作品も然り、エレクトリックなインストゥルメンツを用いてのフュージョンを基調としたサウンドは今の空気にピッタリかも。女性ヴォーカルも加え、静謐で幻想的な世界のA1「Voice Of Music」、澄みわたるクリスタルなサウンドが瑞々しいニューエイジ・フュージョンA2「Dark Moments」、ぼんやりしたバッキングとくっきりしたピアノのレイヤリングが美しいB2「Pieces Of Time」など全10曲収録。現行のAficionadoやInternational Feelなどバレアリック系の作品を好きな方ならドンズバです。タイトル通りのファニーなジャケットも含めオススメ。

型番 SMS-04268
購入数
売り切れ