Guillermo Rizzotto / Vindu (CD)

GR | 2014 | M: New | JK: New | ブックレット付属

01: Preludio (solo version) / Renacer
02: E sette me på sullarkrakk
03: Preludio (trio version)
04: I dag er nådens tid
05: Fankens bæmpel
06: La luz de tus ojos
07: No ska vesle bånet sova
08: Dei hundre felun
09: Intro a Milonga
10: Milonga de la Libertad
11: Sol de medianoche
12: Bogstrandvisa
13: Titil, tåtil
14: Brudemarsj: «Liv Åsne og Tore»
15: Marsj: «Ann Britt»
16: Springar: «Etter årsmøtet»
17: Vals: «Helsing til Minot»
18: Las verdades del tiempo
19: Como un Langeleik / Halling
20: Rosensfole
21: So ro te Branes

アルゼンチン・ロサリオ出身のギタリスト Guillermo Rizzotto の2014年リリースの作品。自身が北欧ノルウェーのヌーメダル地方を訪れた時に、現地のフォークミュージックやその伝統楽器の演奏者と出会い魅了されて製作した1枚。ノルウェーの伝統楽器ハーディングフェーレ(ヴァイオリンよりやや小型のフィドル)奏者 Even Tråen と Sivert Holmen 、クラヴィックライアーというハープにも似た北欧独特の楽器とヴォイスを担当する Åshild Wetterhus が参加。南米と北欧という一見イメージの被らない地域から出てきたアイデンティティが、近づき離れて、また寄り添いながら混じり合うケミストリーが刺激的。Jan Garbarekのサックスのように静寂を切り裂き入ってくるハーディングフェーレの音色と、呼応するように哀感漂わせるアルペジオが幻想的な01「Preludio (solo version) / Renacer」、北欧の深い森を表現するかのようなセレッシャルなヴォイシングとむせび泣くようにバックで鳴る続けるハーディングフェーレに思わず目を閉じる07「No ska vesle bånet sova」、川の流れのようなゆったりとした18「Las verdades del tiempo」、スキルフルな演奏で内側の激情をうねらせる20「Rosensfole」など全21曲。こういう「真ん中を探る作業」が世界を音楽で繋げるんですね。もうどこの音楽でもどんな歴史でもいいんです。素晴らしいです。







型番 SMS-03712N-CD
販売価格
2,600円(税込)
購入数